包茎の3種の症状の中でもっとも深刻と言われるのが真性包茎です。放置しておくことによるデメリットはたくさんあります。しかしながら、場所が場所だけに手術に踏み切ることはおろか、誰かに相談することすらためらわれます。そのため、真性包茎患者の中にはカミングアウトできず放置したまま加齢を重ねている方、あるいは一発勝負で、飛び込みの包茎手術を受ける方などさまざまです。飛び込みの即日手術で法外な金額を支払ったり、術後の後遺症に悩まされたりといったトラブルも発生しています。このような不安を解消するためには、ドクターに細やかにカミングアウトし、しっかりとした事前説明を受けることが望ましいでしょう。

真性包茎の手術は受けた方がよい

包茎の中でもっとも深刻なのが真性包茎です。亀頭部分に皮が被ったままの状態ですから、恥垢がたまり不衛生極まりません。細菌増殖の温床となり、性病などの感染症を誘発することもあります。陰茎がんを発症する可能性も高まります。また、性行為において痛みを感じたり、炎症を起こしたり、あるいは特異な外観を蔑むような態度を取られトラブルの元になることもあります。真性包茎を、そのまま放置しておくことに、ほぼメリットはないと言えるでしょう。

日本人のほとんどが包茎というデータがあるとはいえ、その大部分は仮性包茎と言われています。真性包茎の患者は極めて少ない傾向にありますが、実際のところ、カミングアウトできない方も多いのではないでしょうか?放置しておくデメリットを懸念しながらも、手術どころか相談すらできない方が多い現状があります。

しかしながら、医学の分野において真性包茎はひとつの病気として捉えられています。仮性包茎やカントン包茎と違い、泌尿器科で健康保険証を使って治療を受けることができるのです。コスト的にはお勧めですが、泌尿器科は症状の治療優先ですので、性的な悩みや個別の相談に乗ってくれることは少ないでしょう。そのため、少々コストがかかっても、細やかに対応してくれる民間のクリニックで包茎手術を受ける方が増えています。

包茎手術を受ける前の2つの不安

真性包茎は自然治癒するわけでもなく、自力で治すこともできません。放置しておくことのデメリットも多いため、いつかは包茎手術に踏み切る勇気が必要です。しかしながら、性の悩みというのは非常に内向的なものであり、それぞれに個別の特殊な事情があります。親友やパートナーにも、家族にすらカミングアウトできずに、自分の中にしまい込んでいる方も少なくありません。

真性包茎の患者の持つひとつ目の不安はカミングアウトすることの不安です。包茎患者の中で比較的少ないと言われる真性包茎の患者は、少ないがゆえに、珍しいものを見る視線にさらされる可能性もあります。見せないで済む、知らせないで済むのならそれに越したことはありません。

2つ目の不安が、包茎手術そのものと術後の経過についてです。誰もが、自分は特殊な真性包茎と思っています。果たして手術可能なのか?後遺症はどうなのか?など、不安材料は尽きません。どのくらいのコストがかかるのかも大きな不安です。

真性包茎のまま、放置しておくことも不安であり、包茎手術を受けることも不安になります。同じ不安なら、前向きな不安を選択することをお勧めします。前向きな不安を解消するには、細やかな相談と事前説明を受けられるクリニックを受診してみるのも、ひとつの方法です。

包茎手術の事前説明を受けるメリット

巷には多くの形成外科クリニックがあり、包茎手術専門の施設も少なくありません。その中には誠意をもって対処してくれる良心的なクリニックもあれば、不安を助長するような口コミのあるクリニックもあります。包茎手術を受ける受けないの判断が、自己責任においてなされるとはいえ、受けざるを得ない状況に付けこまれないための予防線を張っておく必要があります。

そのために、しっかりとした事前説明を受けなければなりません。包茎手術は一生に一度のことであり、誰もが初体験です。包皮をめくって切除するだけの手術に留まらず、亀頭増大や陰茎増大などオプションの手術もあり想定外の金額を請求されることも少なくありません。真性包茎の場合、長い期間包皮を被っていた亀頭は先細りがちです。

その亀頭を増大させるための手術が数百万に及ぶクリニックもあったという報告がなされています。また、訪問した当日に手術するなら半額になる、などの殺し文句も横行しています。それぞれの手術が、自分にとって本当に必要なのかどうか吟味することが大切です。

一生に一度の包茎手術、クリニックによる事前説明をしっかりと聞いてから決断しましょう。細やかに相談に乗ってくれることはもちろん、術後のアフターケアにも着目しておく必要があります。

まとめ

包茎手術を受けるときの不安は言いようのないものがあります。受診するクリニックにより千差万別、コストについても手術内容についても、比較論争なので法令違反とまでは言えないのが現状です。
巷にある多くの包茎手術専門クリニックから選ぶのはご自身。悩みを打ち明ける不安、手術の不安、そして術後経過の不安を解消するためには、事前説明をきちんとしてくれるクリニックがよいでしょう。
ネットワークの進化により多くの情報を得ることができるようになりました。けれども、中には誇大広告もあり、ネット情報だけに頼るのは危険です。選ぶ目を養うためにも、ぜひ事前説明を受けることをお勧めします。