仮性包茎よりも複雑な真性包茎の手術

包茎の種類はいくつかあるのが特徴ですが、その中でも真性包茎というのはどのような症状を指すのでしょうか。この真性包茎というのは仮性包茎とは異なり、平常時に加えて勃起時にも亀頭が露出しないという状態です。この症状は大きく分けて2つのパターンがあり、無理に包皮を引っ張っても剥く事ができず、痛みも発生してしまうという物がまず挙げられます。もう1つは皮の内側と亀頭部分が密着してしまい、動かす事ができない程の状態を指します。

こういった真性包茎は包茎手術においても技術が必要となりますので、費用面でも割高となるケースがあります。仕上がりの美しさを保つための技術も求められますので、経験豊富な医師にお任せするのが良いでしょう。

しかしまず知っておきたいのが真性包茎手術には健康保険が適用される場合があるという事です。保険が適用されるなら包茎手術の費用は大幅に負担額が安くなりますので、自分の真性包茎の状態などを事前に医師と相談して確認しておく事が大事となってきます。

相場料金を知って最適な方法を選択しよう

真性包茎手術の一般的な費用相場を確認してみると、おおむね15万円〜25万円程度のラインが主流となっています。これは基本的な真性包茎手術の料金ですので、それぞれの状態に応じて変化する点も知っておく必要があります。

シンプルで最低限の包茎手術であれば相場よりも安くできるクリニックもありますので、適していると思われるケースなら検討してみるのも良いでしょう。またクリニックによっては仕上がりのデザイン性を良くしたり、オプションで亀頭増大術なども併用できる場合があります。この場合はオプション料金が加算されますので、トータルの料金は数十万円にはなるでしょう。

ちなみに保険適用が出来る場合は泌尿器科などで包茎手術を行なう事もありますが、料金面で見るとトータルで3万円前後となります。やはり自由診療よりも大分安くはなりますが、包茎手術専門のクリニックとは異なり、手術実績が少ないケースでは満足できる仕上がりとならないケースもあるので注意が必要かも知れません。

まとめ

真性包茎は仮性包茎と比較すると手術費用が高額になるケースがほとんどです。しかし仮性包茎では該当しない健康保険の適用であれば、費用を大きく抑える事が可能です。自分の状態にもよりますが、事前のカウンセリングなどで細かく確認して最適な包茎手術を選択する事が大事となってきます。
それぞれ保険適用のケース、自由診療のケースのどちらでも当てはまるのが専門的な技術を持ったクリニックにお任せする事で、治療を受ける安心感にも繋がってくると言えるでしょう。