登山へ!仲間のものと合わせて一度に荷物をトラックチャーター便で送る計画

登山を安全に楽しむためにはある程度の荷物が必要になりますが、これを自分たちで運び込むのは想像している以上に重労働です。
山を楽しむ前に疲れてしまってへとへとになってしまうという事がないように、大勢で出かけるのであればチャーター便を使う事も検討してみましょう。
上手に使えば料金も節約する事ができますし、チャーターなので自分たちだけのために動いてくれるという安心感もあるので、より一層登山を満喫する事ができます。

チャーター便で送れる荷物の量は?

チャーター便を使って配送可能な荷物の量ですが、トラックを扱う会社によっても変わってきます。
一台を丸ごと貸しきって使うというのがチャーターの特徴でもありますから、小さな車両であれば1~2tから4tサイズ、大きければ7~10tというようにかなり大きくなってきます。
通常の人数であれば2t車ぐらいでも十分に大きいと思う事が多いかもしれませんから、軽トラでチャーターを取り扱っている場合にはそちらを使うという選択肢もあるでしょう。
また、車種も左右が開くタイプのウィング車や、後ろが開くタイプの箱車、幌車などがありますが、運べる量としては重量で考えればそれほど大差ありません。
日帰りであればそれほど多くの荷物を運び込むというような作業はないかもしれませんが、宿泊をするためテントも使うのであれば状況に応じて大きな重量のトラックを選ぶと安心できます。
隙間が開きすぎてもいけませんが、詰め込みすぎにならないようなバランスの重量から選びましょう。

普通に送るのとどちらがお得?

通常の宅配便とチャーター便だとどちらがお得になるのか悩むと思いますが、人数が多くなってきてたくさんの荷物を運ぶというのであればチャーターした方が格段に安くなります。
日帰りでそれほどたくさんのものを運ぶ必要がないのであれば、少しだけ宅配便を併用して持参したりする方が安く仕上がります。
トラックを見れば分かりますが、チャーターなのでたっぷりの荷物を運ぶ事が可能です。
距離や時間で料金が決まってくるので、配送をしてもらう前に見積りを取って比較すると料金も視覚化してよく分かるようになります。
一台チャーターだけではなくて、会社によっては混載便に似たようなスペースチャーターというのもありますから、上手く隙間を活用して運びこんでもらうのも良いでしょう。
荷物の量が多くなればなるほどトラックをチャーターする魅力が増していきますので、大人数のイベントなどを行うような登山であればチャーター便を使って安く運んで快適に楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です